お坊ちゃん社長はメンテナンス力で人も車もときめかせる(後編)

家業を継いだ2代目ではあるものの、ただ単に事業を承継するのではなく、常にいつも「なぜ自分はこうしているのか」を自問し、その答えを見つける道筋こそが経験の蓄積となって今の経営者としてのあり方に生きているとお話しくださるのは、京南オートサービス株式会社代表の田澤孝雄社長です。インタビューの前編では、偉大な先代への反発心を原動力に始めた華々しいサラリーマン時代から、家業を継ぎ失敗を経て黒字転換するまでのご経験をお話しくださいました。後編では、現在の事業展開と、ご自分と同じように悩み奔走する2代目を支援する「2代目お坊ちゃん社長の会」について詳しくお聞きしました。

洗車事業をサブスク事業としてリスタート

ふるーる洗車八王子本店

――話は遡りますが、サブスク事業を始められた経緯と内容について教えていただけますか。

田澤氏――父親から事業承継したガソリンスタンド事業で行っていた「ふるーる洗車」事業を2013年からサブスクモデルにしてリスタートしました。まだサブスクなんて言葉はなく、継続課金モデルを独自に作り上げていきました。今では「カスタマー・エクスペリエンス」という表現がされていますが、当時は独学で仕組み作りをしていきました。

ふるーる洗車の手洗い洗車(左)とセルフ機械洗車(右)

洗車ビジネスは水物ビジネス。1か月のうち平均5日は雨が降るのですが、その前日も稼働しないのです。実際に稼働できるのは20日間程度のお天気商売です。そのうえ、通常土日の昼に稼働が集中します。だから売上をコントロールしたいと思い考えたのがサブスクモデル。月々1,980円払ってくれれば毎日洗車できるようにしました。これで雨予報日の前日という通常なら洗車しない日でも洗車してくれるなど、お客さんの来店頻度も上げられるうえに洗車稼働も分散できました。メインのガソリンは適正価格でしっかり利益を出せるようにし、他のサービスの無理な提案をスタッフに課さないで済むビジネスとしています。

京南オートサービス公式サイトより

サブスクは、多くの企業がみんな参入してはみるんですけど、細かい調整が必要になりますから結局ダメになっているところが多いですね。僕も3年間負け続けて、ようやく利益を出せてきました。

「一般社団法人2代目お坊ちゃん社長の会」を発足

 

経営の質を変えていきたい!

――田澤さんは、現在「2代目お坊ちゃん社長の会」を運営されていらっしゃるそうですね。ご紹介いただけますか。

田澤氏――はい。2代目社長が自分自身のコアコンピタンスを創り上げ、経営スタイルも自分一人だけではなく周りの人とムーブメントを作っていくやり方に変えるための会を昨年2020年に発足しました。いろんな人を巻き込んで経営の質を変えたいという理念を持った同志たちによる、「お勉強の会」とは異なる「実践の会」です。

――会のメンバーはどのように入会するんですか?

田澤氏――会への入会希望者にはZOOMで僕自身が面談をしています。会社の社長が月に2時間を使うって結構大変なことなので、会の方でもメンバーになることの価値を探さなければいけない。それには、失敗体験も赤裸々に話せて親身になって相談し合える環境がいいと思いました。人数はKGIではないので、少ない人数でも成長戦略の学びと実践の会にしていくことが目標です。

2代目お坊ちゃん社長の会が追求するもの

――「2代目お坊ちゃん社長の会」がメンバーにもたらす価値とは何でしょう?

田澤氏――自分自身がなんでこの会社にいるのか?それが全員が見えるようにしたい。先代のやっていることを否定しなくてもいいし、先代と自分のやり方を掛け合わせていくという考えもあるでしょう。コアコンピタンスをしっかり理解して、そこにいる意味を理解できるようになってほしいんです。そして、人生で何をしたいのかはっきりわかる2代目をたくさん作っていきたい!!さらに、会にはいろんな業種業態の方が集まっていますから、そのなかでビジネスも生まれているんです。

――田澤さんご自身が会の中で大事にされていることって何ですか?

田澤氏――愚直にやっているのは、腹くくって自分の道を作った僕自身のメソッドを共有することです。メンバーには、自分がどこに進みたいの?何したいの?っていうのを自身に問いかけるために1か月しっかり準備してもらい、月1回発表してもらいます。

壁打ち議論っていうんですが、みんながどんどん質問をしていって、それにこたえていく、1対20名での人生の棚卸です。メンバーからの意見にはヒントが非常にたくさん詰まっていますから、発表者はそこに解を見出し、方向を決め腹に落としこみすっきりするんです。

今はZOOMで行うことにより、2時間のなかで話さない人は誰もいないようすることが実現できるようになったんです。そういう意味では、オンラインもいいと思っています。組織が大きくなったら会を分けてもいいですね。

メンテナンス文化を浸透させる未来予想図

――今後のビジョン、実現したいことや未来予測について教えていただけますか。

弊社、京南オートサービス株式会社の基本理念は、「メンテナンスで〝ときめき”を」です。メンテナンスをキーワードに、車と健康分野で、大きく事業を伸ばしていきたいと考えています。使い捨ての今の世の中を変え、メンテナンス文化を根差すことが日本には必要だと強く感じています。

2代目は頼りないという印象が強く周りからもそう見られているのだろうと思いますが、「2代目こそ最強」を証明したいですね。そのためにも、事業や技術の承継をして2代目の道を歩む覚悟を決めた後継者を、心から応援していきたいと思います。

田澤孝雄
京南オートサービス株式会社 代表取締役社長
2代目お坊ちゃん社長の会 代表理事

投稿者プロフィール
1975年生まれ。早稲田実業高校から早稲田大学政治経済学部に進学。不動産業を営む父親に逆らえず、大学1年で宅建を取得するも父への反発心で、不動産とは真逆の弁理士取得を決意。サラリーマン時代に25歳で弁理士合格を果たす。
30歳目前にして家業に入社。家業のガソリンスタンド業界を発展しつつ、損保指定工場の板金事業に魅せられ京南オートサービスとして運営交代し37歳で社長に就任。他に介護事業や洗車事業を運営する等、多角的な事業経営をしつつ、「一般社団法人2代目おぼっちゃん社長の会」を立ち上げ家業を継ぐ2代目を支援する。
著書「ビジョン経営革命を起こした2代目お坊ちゃん社長の77の逆襲レター」
Youtubeチャンネルでの動画は現在140件

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 経営者が突然倒れたときに会社をどうするのか!?この問題がふと頭をよぎった経験のある方は少なくないでし…
  2. 大企業だけでなく、中小企業、個人も含めたM&Aの業界はここ数年で激変しています。M&…
  3. Z-EN読者のなかでも、フランチャイズ本部を運営してみたいと思われる経営者の方は多いかと思います。今…
ページ上部へ戻る