ピアノ業界を牽引する老舗企業の2代目は、絶えず変革を試みる

世界でも最大規模のピアノコンペティションの運営やYouTubeでのクラシック視聴機会の拡大、オンデマンドピアノ学習サービスなど、日本のピアノ業界を牽引する株式会社東音企画 代表取締役および、 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会の団体代表であり専務理事でいらっしゃる福田成康さん。

団体は指導者・学習者・愛好家17,000人の会員組織に拡大しています。

少子化が進み、ピアノ学習者人口が減り続けているなか、様々な角度で変革を試み実現される福田さんに、変革の軌跡と今後の音楽と業界の可能性を伺いました。

創業55年老舗企業の軌跡

※PTNAはピティナの略称

Z-EN――御社は、福田さんのお母様が始められた事業ですよね。

福田成康氏(以下、福田氏)――1966年に母が東京音楽研究所の名称で発足し、1968年に全日本ピアノ指導者協会と改称、1970年に株式会社東音企画(以下、東音企画)として法人成りしました。
母は作曲学科出身で、ヨーロッパ第一だった自国に日本人が作曲した曲を広めたいという想いがあり事業を始めます。
ですが、残念ながら日本人の曲は当時全く売れなかったようです。

落ち込むところですが、母はさっさと方向転換(笑)
事業継続に主眼をおき、ニーズの高いショパンやベートーヴェンを扱い、ピアノの先生向けのセミナー事業をやるようになりました。

――セミナー事業からスタートされたのですか。

福田氏――当時はピアノの導入本といえばバイエルくらいしかなかったんですが、海外の秀逸なメソッド本を十数種類ほど発掘・取り寄せして、ピアノ指導者にセミナーをやっていたようです。

――海外のメソッドを持って来られた先駆者だったのですね。海外留学のご経験がおありだったのでしょうか?

福田氏――今弊社で取り扱っているバスティンの教本も、当時大手楽器店に断られたことで、思い切って自分たちでやるようになったものです。
母には留学経験はありませんでしたが、満州で生まれ12歳まで過ごした、いわゆる帰国子女です。
大陸的な感覚があって、海外との取引には全然抵抗がなかったようですね。

当時は朝日生命ホールとか、第一生命ホールとかでセミナーをやると、小さな新聞広告だけで全国から800人もの人が集まってきていたようです。
新しいものをどんどん取り入れようという時流に乗っていたんでしょうね。

ピティナ・ピアノコンペティションの始まり

――世界でも最大規模のピアノコンクールとなったピティナ・ピアノコンペティションは、何がきっかけで始まったのですか?

福田氏――セミナーが大成功して全国から人が集まっていたのに、実際の指導力が上がっていないことに気づいて、先生の指導力アップのためにはじめたようです。

1977年にPTNAヤングピアニスト・コンペティションという名称で第一回目が開催されました。
今年で45回目の開催となり、延べ40,753組が参加する大きなコンペティションに成長しています。
最上位となる特級のファイナルはサントリーホールで、新日本フィルハーモニー交響楽団とのコンチェルトというもので大変華々しいです。

(上)2021年開催ピティナ・ピアノコンペティション特級ファイナル(Youtube ピティナ ピアノチャンネル より)
(下)いずれも、2021年度ではありませんが、「全国大会表彰式の様子」(ホテルニューオータニ)
画像提供:ピティナ

ピアノ事業を承継するまでの経歴

――福田さんは、2代目を継承するお考えを以前からお持ちだったのですか?

福田氏――全然思っていませんでした。
でも小学校2年時くらいから経営者になるのが夢で、卒業文集にも、将来は自分の会社を作って全国に支店を持つと地図入りで書いていましたね(笑)

でも、大学は経営学部にはいかないんです。
理系に進んで幅を広げ、若いうちにスポーツをやろうと筑波大学に進学しました。

――お若い時から人生に戦略がありますね!

福田氏――そうですね。理系学部でも未知数でより可能性があると思った生物学科を選択しました。
それから、時代の読みのなかでコンピューターが間違いなく世界のインフラになるだろうと、プログラミングは高校時代からやっていましたね。

――筑波大学での生物学科では、なにを研究されていたのですか?

福田氏――環境生態学で、進化論も密接に関わります。
エコシステムとかエコロジーの学問です。

経営に関わるようになって分かったことですが、エコロジーの考え方はエコノミーの世界と根本的に同じで、そのまま使えるということです。
今は投資の世界でも、エコシステムなんて言われるようになりましたが、昔から進化に必要なものは同じなんですね。

――陸上競技もされていらっしゃるとか?

福田氏――高校から始めて、今もやっています。
種目は走り幅跳びで、マスターズに出場すれば優勝しています。

(左)マスターズ大会出場時 (右)練習での跳躍 画像提供:福田氏ご本人

真面目にやっていまして、同級生30名くらいで、そのうちの仲の良い9人中2人が日本記録保持者という具合です。
跳躍系は、筑波と順天堂が強く、世界選手権とオリンピックの反省会は筑波大学内でやっていました。

今もちょっとした空き時間に、町中や会議室で筋トレをしています(笑)

――今までのお話のなかで音楽が全然出てこないのですが(笑)、幼少期にピアノとの関わりはあったのでしょうか?

福田氏――正直、音楽にはあまり興味がありませんでした。

ピアノは絶対嫌だと言って、バイオリンを弾いていましたが、結局やめてしまいましたね。
続けていればいずれ必ず感謝するとか、やめたら後悔するなどと言われましたが、その当時は他にやりたいこともたくさんあったので、そういう選択をしました。

承継後の変革への思い

――音楽にご興味がなかったのに、ピアノの事業を継ごうと思われたのはなぜですか?

福田氏――当時は親の会社のこともよく知らなくて、楽譜をアメリカから輸入していたので貿易会社だと思っていたのです。
じゃあ、自分はビーフジャーキーでも輸入したらいいかな?なんて考えていました(笑)

東音企画で輸入・邦訳出版するバスティンメソッド教本 他にも様々な教材を取り扱う

親の方はなんとか事業承継させようと考えたようです。
ピティナは、1985年に文部省所管の公益法人(社団法人)許可を受けて、東音企画から独立し別法人になっていました。

そこで思いついたのは、東音企画をまず承継させて、ピティナの事務代行をする形でコンピューターの導入を進めるというものでした。
今でも変わらず顧客第一主義ですので、東音企画からみて顧客であるピティナが繁栄することが勤めだと信じて、ずっとやってきたのです。
だから、ピティナを伸ばすのは、クライアントとして伸ばしてきた感じですね。

――そこから、社団法人であるピティナも承継されることになりましたね。

福田氏――1990年に東音企画の代表に就任してから12年、ピティナの事務代行を始めて11年後、親が亡くなったことをきっかけに、今までの構造を残したままピティナも承継し、両方の会社の経営をするようになったというわけです。

社団法人なので求心力がとても重要で、創業者の息子だから求心力が得られたというのもあります。
その辺りの事情も含めて、僕以外の承継者はいなかったですね。
社団法人の枠の中でやりたい経営者は、ほとんどいないのではないかと思います。

変化に対応しやすいのは、株式会社です。
社団法人は、個人や株式会社の事業体を繋ぐのに適しているので、ここまで社団法人のまま、伸ばしてきてしまいました。

――今後、福田さんの後を継ぐとしたら、どのような方向にいくのでしょうか。

福田氏――今後、続けていくとしたら、東音企画の子会社みたいなところから始めて、ピティナと違う事業をやっていくというのはあると思います。

ただ、社団法人は合併もできないので、これをどうやって進化させるのかは、難しいところですね。
資本の論理が通用しないので。金銭的な自由度もないんです。

かといって、時代はどんどん流れ周りは変革していくので、昔と同じ枠組みでやっていたら取り残されてしまいます。
今後は、株式会社の事業体が社団を支える仕組みを作っていきたいと思います。

この続きは、中編「システム開発でピアノ業界を変革する」でお届けします。お楽しみに!

※資料は福田氏より提供されたものです。

福田成康
株式会社東音企画 代表取締役社長
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 専務理事
公益財団法人福田靖子賞基金 理事長

投稿者プロフィール
1964年生まれ。筑波大学生物学類卒業、栗田工業(株)で3年間勤務し、1989年4月から株式会社東音企画入社、1990年4月に同社代表取締役社長就任。
1991年4月より社団法人全日本ピアノ指導者協会の事務責任者として経営に関わり、現在は専務理事(団体代表)。
1996年、日経BP社より情報システム大賞の準グランプリ受賞。2001年、第3回「フジタ未来経営賞」を受賞。2002年、財団法人商工総合研究所 中小企業懸賞論文 準賞受賞。2011年 文部科学省 社会教育功労者表彰受賞。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ記事

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る