「できない理由」は寝てても見つかる。できる方法を見つける旅にでよう!

人生の選択に迷いはつきもの。でも、パワーあふれる言葉に出会うと、どんな状況にいても勇気づけられますね。

自分で獲得した体験や知恵を他の人と共有したい、自分で決めて実行することでより多くの学びを得る。こんな言葉の数々が人生の分岐点で背中を押してくれる…そんな体験を皆さんもお持ちなのではないでしょうか。

今回は、「世界のみんなをどや顔にします~!」と宣言する後藤専(たかし)氏にお話を伺いました。貸しビル・接骨院経営を頑張る後藤社長は、力強い言葉で世界中の人々と繋がりたいと語っていらっしゃいます。後藤氏が語りかけるのは、簡潔だけど物事の本質を射抜いた言葉。読み進めるうちに思わず、うん、うん、と頷いていたら、きっと元気がでてきますよ。

世界を笑顔にしたいって書くと、なんだかありきたりだと思った。

ボクは世界を「どや顔」にすることにしたの(笑)。

人生の成功をお手伝いできるって、とっても幸せを感じます。

どや顔社長 後藤専(たかし)のブログより抜粋ー

そこらじゅうに溢れてる「できない理由」

世の中は、できない理由でいっぱい。

  • 立地が悪い
  • 家賃が高い
  • 法律で禁止されてる
  • デフレだ
  • やり方がわかんない

業種を特定しなくても、いくらでも書ける(笑。

そんなの聞いてるヒマなどない。

思いついてる場合じゃない。

冒険して見つけた方法は最強の財産

できる方法を考えよう。

なかなか世の中で見つかんない。

それでも、そっちを探して。

いっぱい試して。いっぱい間違えて。

できるようになればいいのだ。

それはずっと自分の最強の財産となって。

何年も、お金に困らない状態にしてくれる。

だんだん通用しなくなったりするけど。

また、同じ冒険をしていけばいい。

だんだん自分を信頼できるようになる。

また、課題が出来たけど、以前も何度も乗り越えた。

こうやって本当の最強の財産を作っていくのです。

 

「奴隷」は休みを取りたがる。「解放されたもの」は休みと仕事に区別がない。

お休みでも、結局シゴトのことを考えてる。シゴトをしてしまうなら、アナタは立派な「解放されたもの」だ。

好きが仕事になっている。ほぼ、老後のリタイアした状態に等しい。

お休みが楽しみで仕方がない。ゆっくりしたい。

シゴトから解放されたいと願いつつオシゴトしているなら、残念ながら「奴隷」状態なのだ。

自分を解放しよう!

しかも、現代社会では、自分の意志で奴隷から解放されることは可能。

だれも強制できないし、そんなことは違法なのです。

大事なことは、勇気。決断。

それさえあれば、その状態から解放される。

目の前の仕事に全力投球すべし!

そこまで、「好き」になれるものが見つからないなら。

目の前の仕事をゼンリョクでやること。

人の3倍やってみよう。お休みのことを考えずに。

ある日、「これは本当の自分ではない」と気づく。

そこから、行動するのだ。

全力ださないと気づけない。

 

すべての原因は自分にある。そこを自覚した瞬間から成長が始まる。

モノゴトがうまくいかない原因。

これを政治に求めると、いい政治家が現れるまで自分は不幸ってことになる。

デフレのせいにするのも同じ。デフレ脱却まで、自分は不幸ってポジションで暮す。

そんなの「自分の人生」じゃない。

イケてない部下のせいにする。すると部下次第で、自分の幸不幸が決まる。

これも自分の人生を生きてない。

原因は、すべてボクのせい。

ここから、ようやく。

やっと。

「自分の頭」で考えることになる。

試行錯誤をしてみることになる。

うまくいかない方法を何通りも見つけることになる。

覚悟を決めると道は開ける

商売してると、いろんな雑音が聞こえる。

少子高齢化。地球温暖化。

世の中は、言い訳でいっぱい。

そうじゃないんだ。 原因は、目の前に。 「自分」にある

人生は、「こうすれば突破できる!」を必死で探す旅なのです。

そのためには、原因はすべて自分にあると自覚すること。

覚悟を決めること。

他責にしてるヒマなどないのだ。

道はいくらでもあるし、開ける。

今日も逃げずに頑張るしかない。

ついでに楽しもう。

めっちゃ楽しもう。

 

出典:どや顔社長 後藤 専(たかし)のブログ「『できない理由』は寝てても見つかる。できる方法を見つける旅にでよう。」「『奴隷』は休みを取りたがる。『解放されたもの』は休みと仕事に区別がない。」「すべての原因は自分にある。そこを自覚した瞬間から成長が始まる。」

この記事は著者に一部加筆修正の了承を得た上で掲載しております。

後藤専
オフィスゴトウ代表取締役

投稿者プロフィール
1966年大阪に生まれる。滋賀大学を卒業し、三和銀行に就職。その後、モルガンスタンレー証券・ABNアムロ証券、日本駐車場開発と転職を繰り返す。
出世競争を避け、逃げまくり、都合のいい人生を送った。
その結果、気が付けばオフィスビル3棟・賃貸マンション2棟、貸店舗の収益不動産の保有に至る。2014年には、茨城県土浦市で接骨院をはじめ、2法人の会社の社長として現在に至る。
総資産16億
「お金は行列に並ばない人のところにやってくる!」(主婦の友社)を出版。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 経営者が突然倒れたときに会社をどうするのか!?この問題がふと頭をよぎった経験のある方は少なくないでし…
  2. 大企業だけでなく、中小企業、個人も含めたM&Aの業界はここ数年で激変しています。M&…
  3. Z-EN読者のなかでも、フランチャイズ本部を運営してみたいと思われる経営者の方は多いかと思います。今…

編集部おすすめ記事

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る