【書評】コングロマリット化した破壊的企業が2025年を制覇する

5年後に私たちを待ち受ける世界はどんな社会になっているのでしょう。先行きが見えにくい不透明な時代と言われ、パンデミックによる混乱のなかでも、社会を率いる巨大企業は着々と生き残りの道筋を見出し、M&Aなどによって更なる飛躍を画策しています。

今回ご紹介する書は、山本康正氏著「2025年を制覇する破壊的企業」です。これまでの業種、業態といったくくりに囚われない企業が勝ち残っていく背景を山本氏の分析に基づき解説しています。コミュニケーションデザインや企業支援コンサルタントのエキスパート、書評ブロガーの徳本昌大氏の書評でお届けします。

本書の要約

世界に大きな影響力を持つGAFAMなどをはじめとした世界最先端11社を分析することで、5年後の世の中の変化を予測できると著者は言います。本書で提示するのは、2025年を台頭する3つのメガトレンドです。

  1. 業種の壁崩壊とコングロマリット化の再来
  2. 〝体験型サービス〟が軸
  3. データを制するものが未来を制す

※GAFAM(ガファム)とは、IT企業の雄と言われる5社、G(Google)A(Apple)F(Facebook)A(Amazon)M(Microsoft)の頭文字を取った呼び方のこと。

2025年を制覇する破壊的企業

著者:山本 康正SBクリエイティブ

未来に不可欠な“ハード・ソフト・サービス”の融合

ハード、ソフト、サービス。これら3つの領域すべてを押さえることに意味があるからです。逆の言い方をすれば、どれか一つの領域しか手がけていない企業は、GAFAMのようなコングロマリット企業に飲み込まれていきます。(山本康正)

※コングロマリット(conglomerate)は、直接的な関係性を持たない多様な業種・業態に参入する企業のこと。相乗効果を期待した異業種間での合併により成立する。

2025年の世界はどのような社会になっているのでしょうか?「元・米ニューヨーク金融機関×ハーバード大学院理学修士×元グーグル×ベンチャー投資家」という肩書きを持つ山本康正氏は、GAFAMなどの強力な勢力が台頭する中で、今後、業種業態と言うくくりは意味がなくなると指摘します。

GAFAM、Netflix、テスラ、クラウドストライク、ロビンフッド、インポッシブル・フーズ、ショッピファイという2025年の世界に大きな影響力を持つ世界最先端11社を分析することで、5年後の世界がどうなるかをある程度把握できます。

アマゾンが体現する業態の破壊

アマゾンは、ハードウェア、ソフトウェアだけでなく物流など全ての領域を押さえた上で、顧客体験を高めることで、加速度的に成長しています。彼らにはもはや業態という考え方はなく、ビジョンを実現するために、様々なプロダクトやサービスを次々に開発。

  • ハードウェア「アマゾンエコー」の開発
  • ソフトウェア「アレクサ」を開発
  • クラウドサービス「AWS」の提供
  • 運送業務の内製化や、アマゾンプライムのようなシステム構築

このようにアマゾンは、業種業態の壁を破壊し、顧客体験を高めるというビジョンを実現しています。その結果、多くの企業との戦いにおいて、アマゾンの一人勝ちという状況が続くのです。

メガトレンドの未来予想図

著者は今後起こりうる3つのメガトレンドを私たちに提示します。

  1. 業種の壁崩壊とコングロマリット化の再来
  2. 〝体験型サービス〟が軸
  3. データを制するものが未来を制す

それぞれの役割についてみてみましょう。

業種の壁崩壊とコングロマリット化の再来

これは、昔の日本の財閥のようにーつの企業が業種を超えた多種類の事業を営み巨大化していくという現象です。GAFAMなどの巨大企業は、1つの事業で得たデータや知見を別の新しい事業にも活かし、シナジーを生み出しています。

著者が今回取り上げている11社が行っているコングロマリットは、すべての事業においてデータ連携しています。多種多様な業種を手がけてはいますが、それぞれがデータという共通項で密接につながっているのです。また、現代のコングロマリットはソフトウェアカンパニーが主導し、ハードウェアビジネスに進出していることが特徴に挙げられます。今後、ソフトウェアがハードウェアを主導する時代が加速し、ソフトウェアの役割がますます重視され進化していくでしょう。

ソフトウェアの台頭

良質なソフトウェアさえ開発していれば、インターネット環境が整ってさえいれば、ありとあらゆる業界に参入できる時代になったのです。

最近のクラウドならびにサブスクリプションサービスの台頭によって、よりソフトウェアビジネスが加速します。クラウドが登場したことで、パソコンやスマートフォンなどのいわゆるエッジ端末は、自ら重い動作をする必要がなくなりました。ハードウェアの目的は、データをクラウドに飛ばすことに変わったため、安価なものでよくなったのです。

ソフトウェアカンパニーが業種の壁を越えコングロマリット化していくトレンドは、この先ますます進むでしょう。それはつまり、特定の事業に特化し続ける企業は今回分析した11社に駆逐されるか、あるいは飲み込まれる可能性が高いことを意味します。結果としてこれから先の未来では、コングロマリット化した巨大企業が、各主要産業でトップクラスの実績ならびに存在感を示すと共に、優位性をさらに高めていくと著者は指摘します。

〝体験型サービス〟が軸

GAFAMのような成長している会社が大切にしているのは、ミッション、ビジョンです。 今後は顧客体験が軸になることで、サービスの質が変わっていきます。顧客体験の履歴をデータ化し、ほどよく心地よい、まさに個人に最適化された体験を提供することで、顧客から支持されるようになります。データの活用を顧客ファーストで考え、不快にさせないことが大切です。データは蓄積されればされるほど、提供されるサービスのおもてなしレベルが上がり、顧客満足が高まります。

データを制するものが未来を制す

業態がコングロマリット化していくことが未来のトレンドですから、データはどのようなものでも必要とされます。ぱっと見は役に立たなそうな、事業に直接的に影響を及ぼさなそうなものでも、何でも構いません。

テクノロジーが進化し、クラウドや優秀なデータサイエンティストの登場により、データ活用の世界が激変しました。顧客体験を高めるためのデータ活用をやらない、あるいは、できない企業は、今後、生き残れなくなるはずです。

5年後までにこのスキルを身につけよう!

最後に2025年に必要な5つのスキルを紹介します。

  • 英語
  • ファイナンス
  • データサイエンス
  • プログラミング
  • ビジネスモデルが読めること

ビッグデータ時代の変化に適応するためには、英語やファイナンス、テクノロジーの知識だけでなく、ビジネスモデルをしっかりと読めるようにすることも重要なスキルになってきます。

あらゆる業種業態の垣根がなくなる中、巨大な自動車メーカーですら、GAFAMやテスラに飲み込まれていく可能性が高いのです。本書の未来予測をただの妄想と捉えるか?リアルな現実と考え、対応を変えるかで、経営者の未来が決まります。

徳本氏の著書「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)

出典:徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる「山本康正氏の2025年を制覇する破壊的企業の書評」

この記事は著者に一部加筆修正の了承を得た上で掲載しております。

徳本昌大
Ewilジャパン取締役COO
ビズライト・テクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
情報経営イノベーション専門職大学【iU】客員教授

投稿者プロフィール
複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。 特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。

現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動するなか、多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施中。

ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。
マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 経営者が突然倒れたときに会社をどうするのか!?この問題がふと頭をよぎった経験のある方は少なくないでし…
  2. 大企業だけでなく、中小企業、個人も含めたM&Aの業界はここ数年で激変しています。M&…
  3. Z-EN読者のなかでも、フランチャイズ本部を運営してみたいと思われる経営者の方は多いかと思います。今…

編集部おすすめ記事

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る