人と人のつながりに着目!研究者から経営者への転身(前編)

この記事を読むのにかかる時間: 7

バーチャルコミュニティやソーシャルメディアなどは、今でこそ誰もが知るものとなっていますが、iphoneが生まれる前からその分野を研究し、事業に生かそうと果敢に挑戦する人はそう多くはないでしょう。

株式会社Yagishヤギッシュ代表取締役  ⾦ 相集キム サンジプさんは、そんな先見の明をお持ちの起業家です。研究者の道から事業として人と人とをつなぐ支援をし社会に貢献する経営者に転身された⾦さんへのインタビュー。
前編では、株式会社Yagish起業に至るまで、どんな研究をされ、何をきっかけに起業家となったのか。その道のりを伺いました。

「Yagish」公式サイトより

バーチャルコミュニティの研究者を目指し来日

Z-EN――本日はよろしくお願い致します! 金さんは1994年の26歳の時に留学で来日されたとのことですが、以前から日本にご興味があったのでしょうか?日本の大学を選択されたきっかけを教えてください。

⾦相集氏(以下、金氏)――来日する前は、93年に新卒で入社した韓国の大手広告代理店で、当時始まったばかりのパソコン通信をニューメディアと捉え、その価値を研究するチームに所属していました。
当時パソコンを操作できる人が少なかったので、プログラミングができた私が新卒ながら研究チームに加わることになったのです。
パソコン通信を行う同好会やグループサークルなどのコミュニティが展開する、いわゆるチャットルームを朝から晩までのぞいて、それぞれの属性を見つけ、そこにいる人々の動きを足跡などのログで分析していました。

ある日、ある山登りチームのチャットで出会った男女2人が告白に至ったと、チャットのレビューで噂になりました。
そして、ついには結婚するというのです。

2人の付き合いはバーチャルのみで現実には会ったこともないことが分析結果からわかり、なんて不思議なんだろうと思いました。
会ったこともないのにプロポーズができるものなのだろうか?と。
と同時に、アナログからデジタルへシフトしていく様に大きなカルチャーショックを受けたのです。

居ても立ってもいられず、どんな心持ちで結婚に至ったのかインタビューしに行ったところ、男性のほうが、「自分の理想形かどうかはどうでもいい。この気持ちが今後の人生にも続いていくのだとしたら、自分はこの人と結婚したいと思った」と、言うのです。
そして、「会ってみたら案の定タイプの女性だった」とも。

外見が少し理想から外れていたとしても、内在している価値観が繋がれば、それは相殺されるのだという生の声をインタビューできたことで、大いに興味が湧き、もっと研究したいと思うようになりました。

すでに研究している人はいないかと探したところ、アメリカ・ドイツ・日本にバーチャルコミュニティの研究者の先生を数人見つけました。
そこで、思い切って、入社1年目の秋に辞表を出して、各国の先生たちにラブレターを書いたところ、東京大学の情報学環の先生が研究テーマに関心をもってくれ、一緒にやろうと返事をくれました。
韓国とは距離も近く、授業料免除が適用されたこともあり渡日することになります。

ソーシャルネットワーキング研究を本格始動

――運命的な研究テーマとの出会いがあったのですね。その後、社会理工学という学問領域を研究なさったそうですが、具体的にはどのような学問なのですか?

金氏――実際に研究をスタートしてから、東京大学よりも東京工業大学のほうに自分の研究テーマの権威がいることがわかり、東京工業大学で修士号を取ることになります。

私の研究は人と人の繋がりの構造を、0か1かのような検証結果に基づいて新たな現象結果を把握していくという、いわば理系の研究として捉えていました。
とはいっても、社会現象を0か1で解明できるのか?という疑問もあったのです。

社会理工学研究科は、日本で初めて東京工業大学で設立された文理融合型研究科です。
理系の要素に、シミュレーションや社会現象により少しずつ解明していく社会科学の要素も加える。
つまり、文系と理系をまたいで私が目標にしていたテーマを研究ができる環境でした。

そんな、博士の2年次だった98年に大きな人生のターニングポイントが訪れたのです。
大学の夏休みに韓国に帰省して、10数年ぶりに高校の同窓生に会い、ソウル大学の博士課程とMITの博士課程の友人、そして私の働かざる3人の研究者で屋台飲み会をやっていたときのことです。

昔話に花が咲き、友人の1人が当時気になっていた女性の話になりました。
彼女を探し出したいと切実な様子の友人に、名前や出身校が分かっているなら同窓会サイトを作っておいて、彼女が会員登録した際に連絡先を入手すれば再会できるじゃないかと、話が盛り上がったんです。

日本で研究の傍らプログラマーとして韓国.comサイトを立ち上げたりしていた私には技術的にできると踏んだ提案でしたが、お酒の場の思い付きでしたから、日本に戻ってからは研究に忙しく忘れていました。
すると、友人が、言い出したくせになぜやらないんだ!と催促の連絡をしてきたんです。
仕方がないので受け身でプログラムを作り始めたところ、だんだんと、これはサービスとして事業化できるのではないか、そして何より、自分の研究テーマであるソーシャルネットワーキングの研究データをサイト上から取得できるのではないかと思うようになり、一生懸命取り組むようになりました。

人の繋がりの研究で輝かしい功績を残す

――素晴らしい研究の場を見つけたわけですね。うまくデータは取れましたか?

金氏――サービス自体は、人と人が出会う→別れる→再会するを繰り返しているだけの単純なことです。
でも、再会した後どうなるのかが皆気になります。

バックデータベースからログデータを取り、それを用いて、世界の学会で発表しました。
すると、この分野の3つの学会すべてで賞を取ることができたんです。

今までにない研究テーマとそれを検証したプロセスに先生方が面白みを感じてくれ、続きは次の学会でと話すと、その会にはすごい数の人が集まってくるんです。
いったい、あの人とあの人はどうなったの?と、皆続きが気になるんですね。
結果的にはたまたまですが、サイトを立ち上げた恩恵を受けて、学会賞、論文賞、学位賞全部を頂くことができました。

紆余曲折を経て起業

――みなさん、人と人との関係には興味があるのですね!さて、サイトの方はどうなったのですか?

金氏――大事なサイトはどうなったかというと、99年に1年かかってようやく完成しました。
完成を機に、私は友人の意中の彼女が見つかるように!と言い残して、サイトから離れ学業に戻りました。

ところが1か月後、大事に作ったサイトのサーバーが全てダウンして繋がらない状態になっているという連絡を受けたのです。
原因は、韓国の国営放送でサービスが取り上げられたことにありました。

2000年前後は、ADSLが常時接続の基盤に使われるようになり、インターネットは莫大に使われ各種サービスが提供されるようになっていました。
サービスの中には浮気や不倫の温床になるようなサービスがあるという特集に、不本意にも私の作ったサイトが全面的に報道されたんです。
これをきっかけにアクセスが集中。
サイトが使っていた大学のサーバーが全てダウンしてしまう事態になっていました。

ソウルで運営を続けていた友人に、もう諦めようと提案しましたが、まだ彼女が見つかっていないからやめられないと即断。
どうしたら続けられるかと奔走したところ、運よく出資者が現れ、友人3人で共同出資し会社を立ち上げることになります。

再会したい人を探せるサイト

――面白い展開になりましたね!サイトはうまくいきましたか?

金氏――誰にでも、人に再会したい願望があることが反映されたサイトでした。

当初は人探しに来るのみで、自分は露出したくないとなかなか登録してくれませんでした。
しかし、サイト上で人を探した時に「ヒットしませんでした、以上」と、空しい結果にならないように、「連絡先を残してくれたら、探し人の登録があったときにはこちらから連絡します」と一言変えことをきっかけに状況が一転。
1日1万人が登録され、2年程度で1,600万人の人が利用する人気サイトに成長しました。

時代の寵児と呼ばれて

一方、私には学生で博士論文を書かなければならない身分もあったので、日本にいながら週一でソウルとを行き来し、CTOであり開発者として関わりを続けていました。

気づけば、部屋の端っこにあった小さな仕事スペースがいつのまにか一つの自分の仕事部屋になり、秘書がつき、空港に車が迎えにくるようになっていました。
これは、たった1年で起こったことです。

ついに、商業サイト・コミュニティサイトとして、構想から3年で世界で初めて1000万人登録者を集めるに至りました。
バナー広告も年間単位で飛ぶように売れ、1週間で年間売上となる数億円を集めるまでになり、人を増やし、投資先を探しました。
2002年には大統領賞もとり、韓国では私たち創業者3名は時代の寵児と呼ばれる存在になっていました。

サイト構想のきっかけとなった、友人の意中の彼女も250万人目に無事に登録してくれ、その時とばかりは電光掲示板に掲げて大盛り上がりのお祝いでしたね。
無事に目的は果たせました(笑)

果敢に新規事業立ち上げに挑戦

――すばらしいですね。

ただその後、同窓会サイト登録者がオフ会をやるようになるにつれ、サイト自体は残念ながら下火になっていきました。

私はその後、海外大学でポストドクター、国内大学で講師を経験しましたが、NHNジャパンという会社に誘われソーシャルメディアを新規に作ることに興味が移り、大学研究者の道を断ちました。

いろいろと事業をするなかで、最初は、オンラインゲームをしていましたが、実は一番使われていたのがゲームではなくメッセンジャー機能だったということがわかったんです。
メッセンジャーの機能から、ユーザー同士の動向の分析に基づき、SNSの新規事業に関わりましたが、韓国本社とのサービスコンセプトの認識の差で退職し、地域コミュニティ構築を考えていたライフル社(当時株式会社ネクスト)にエンジニアたちと一緒に合流しました。

その会社の上場に貢献し、その後自身でも上場を目指す会社を作ろうと、2008年に「リンケイジア」を立ち上げます。
繋がる研究をずっとやっていたので、リンケイジにアジアを掛けて社名にしたんです。

この会社では、ソーシャルメディアを立ちあげ、ソーシャルマーケティングを進めていきました。
非常にうまくいっていて、大手百貨店や生活協同組合などのコンサルをして、ソーシャルメディアを立ち上げていきました。
そんななか、興味関心の深かった教育事業にも着手し、「東大ノート」というサービスも2010年に立ち上げています。

効率よく入試を乗り切る「東大ノート」

――いろいろとチャレンジされますね。「東大ノート」とはどんなサービスだったのですか?

なぜ東大に入りたい人のなかに、入れる人と入れない人がいるのか?というのがテーマです。

勉強ができる人は試験への対応がうまく、試験に出る箇所に強弱が付けられるのだろうと仮説を立てました。
できない人は、強弱なしに全部やりパフォーマンスが落ちているのかもしれない。
そこに成績の差ができるのだろうと思ったのです。

試験がうまい彼らがどこに目をつけて、どこに重きを置いているのかを見出すには、彼らのノートを見ればわかると思い、東大生のインターンを集めて200人のノートを全部スキャンしてデジタルに置き換えて10万円でサービス提供しました。
コンセプトは面白かったんですが、なにせ全部見られて10万円ですから収益性が弱かったですね。
ちょうど、2006年のリーマンショックと重なったこともあって資金不足に陥り、これはうまくいかなかったですね。

震災後、事業譲渡を経て

――その後、急転直下でシンガポールに本社を移されましたね。

そうですね。2011年の3.11がきっかけです。
社員を全員集めて話し合い、半分ぐらいが韓国のエンジニアだったので、家族を守るために帰りたい人は帰らせて、さらに本社機能を別の国に移そうと決めたのです。
早速1か月後にシンガポールに行ったところ、シンガポールはソーシャルマーケティングにも需要があると踏んだことと、今後ファイナンスにも力を入れていこうと決めたことで、2021年本社をシンガポールに移しました。
これを機に、日本にはマーケティング拠点としてのオフィスを置いたまま、韓国をエンジニア拠点としたリンケイジアホールディングスを設立することになります。

シンガポールでのソーシャルマーケティングはうまくいっていたのですが、日本の事業は縁があった大手情報サービス会社に事業売却することになりました。
自分の会社で上場を経験することは叶いませんでしたが、この会社の子会社10社ほどを全部私が掌握し、本体の既存事業や新規事業もすべて決められる立場にありましたので、いろいろと事業投資を進めて面白い経験ができましたね。
その後、自身の研究テーマであった人と人の繋がりを事業化する夢を果たすべく2020年9月に退任させてもらい、現在の株式会社Yagishの設立に至ります。

いよいよYagishが始まります。後編「人の動きを可視化するサービスでより良い社会をでは、Yagishの構想とサービス内容をお伝えします。

⾦相集
株式会社Yagishヤギッシュ代表取締役  ⾦ 相集キム サンジプ

投稿者プロフィール
1968年韓国ソウル市⽣まれ、1994年留学で来⽇
東京⼯業⼤学社会理⼯学研究科博⼠(Social Networking研究) 、ハーバード⼤学イェンチン研究所客員研究員を経て、株式会社NHNJapan(現LINE株式会社)執⾏役員としてソーシャルメディア新規事業(cururu事業の運営とLineの設計)、株式会社ネクスト(現株式会社LIFULL)執⾏役員を歴任後、2008年、株式会社リンケイジア設立。
日本、韓国、シンガポールで地域別特⻑を活かした事業会社を展開し、2016年に事業譲渡。
株式会社MJS執⾏役員として事業投資と新規事業を先導する傍ら、東京⼤学客員研究員として情報銀⾏WGに参加した際に、Yagish事業の構想を思いつき、MJS⼦会社ビズ オーシャンで新規事業としてスタート。
2021年9⽉に(株)Yagishを設⽴し、12⽉には⾃然流⼊で35万人の会員登録を記録する。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前向きに事業変革に取り組む経営者にとって、資金調達が成功するかどうかは、時に企業の先行きを決定してし…
  2. DigitalTransfomation
    コロナ禍で日本の商習慣が変化し、クラウドサービスを導入する企業が増えています。前回の「アフターコロナ…
  3. Z-EN読者のなかでも、フランチャイズ本部を運営してみたいと思われる経営者の方は多いかと思います。今…

編集部おすすめ記事

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る