AIとビッグデータの力で人が全機現できる世の中を作る!(前編)

この記事を読むのにかかる時間: 6

「テクノロジーを通じて人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する」というビジョンのもと、株式会社ZENKIGENを2017年10月に創業した、野澤比日樹 代表取締役CEO。従来のアナログな採用活動をオンライン化し、AI (人工知能)とHR(ヒューマンリソース)を融合した採用DXサービス「harutaka(ハルタカ)」を提供します。日本ではまだ耳に新しい「アフェクティブ・コンピューティング」技術を用い、HR分野にイノベーションを起こすプロダクトを進化し続ける野澤社長に、これからの人材採用とビジョンについて伺いました。

株式会社ZENKIGEN 代表取締役 CEO 野澤 比日樹さん(Z-EN編集部撮影)

起業するまでの道のり

空手とビジネス実務の共通項

Z-EN――野澤さんは空手をやっていらっしゃるんですね!Z-ENとの結びつきを感じます。

野澤比日樹氏(以下、野澤氏)――そこからですか(笑)
はい。
極真空手で黒帯となり、現在は征武道という流派にて黒帯です。
空手を息子が始める時に、将来息子に馬鹿にされないようにと一緒に始めたんです。
黒帯まで平均10年程度かかると言われているところ、たまたま3年半で黒帯になることが出来ました。

やりきった感がありますね。
経営者になって、空手をやっていて良かったと思うことが結構多いんです。
ビジネスにおいて相手と殴り合いなんてあり得ないですが、しょせん動物と動物。
社長の立場でいろいろな方とお会いしますが、動物としてビビらないですね。

ソフトバンクの孫さんを除いてですけど(笑)

サラリーマンとしての学び

――野澤さんはソフトバンクアカデミアご出身でしたね。孫さんにはなぜ緊張するのですか?

野澤氏――アカデミアの中では、孫さんがその時一番重視し考えていることがテーマとして課されます。
例えば、英国の半導体設計大手ARMを買収したときには、それに関連する戦略がテーマとなるのですが、それをアカデミアのメンバー300人とソフトバンクの役員がずらっと並び、孫さんが目の前にポツンと座っているなか、1人壇上に立って5分間プレゼンするんです。

孫さんは、あらゆる領域でトップレベル。
世界中のネットワークを駆使し情報を吸い上げており、ソフトバンク・ビジョン・ファンドを作るときにも、あっという間に立ち上げてしまいました。
誰よりも思慮深いうえ、実際に世界中の人に会いに行ってしまうフットワークの軽い方です。
能力と知識量あらゆる面で自分と乖離している孫さんの前で5分間話すのはやっぱり緊張しますね。

僕はサイバーエージェントを経て、ソフトバンクに7年ほどいましたけど、そのうち孫さんの社長室で1年弱働けたことは、僕のサラリーマン人生のハイライトです。
あのときに学んだことが今の経営にずっと活きています。

ビジネスの基礎を知る

――孫さんからの教えが今のビジネスの素地になっているのですね。何が一番大きな影響ですか?

野澤氏――ビジョンの大切さですね。
孫さんの経営理念は「情報革命で人々を幸せにする」こと。
それを、ポーズでもなんでもなく本気で実現して300年続く会社を作ろうと思っているんです。
そのビジョンや志の強烈さに人が集まってくるのを見ていました。

もう1つは、テクノロジーです。
テクノロジーの進化がどれほどのものか、そしてテクノロジーを使うことによってビジネスの先端を走っていくことを教わりました。

僕は、サイバーエージェント時代には新規事業開発にずっと携わってきたので技術的に詳しいと思われていたんですが、実は全くテクノロジーに興味がなくて、事業は作れるけれど、技術には疎かったんです。
それが、ソフトバンクでは孫さんから最新の情報とテーマを与えられてめちゃくちゃ勉強しました。

お陰で、専門家とAIについて話しても筋違いじゃない会話ができるようになった。
経営者は技術に対しても造詣が深くなければいけないと思い知らされましたね。

▶サラリーマン時代の学びが起業へと繋がり、採用DXサービスの開発につながったことを次のページで詳しくお届けします!

1 2

野澤比日樹
株式会社ZENKIGEN 代表取締役 CEO

投稿者プロフィール
1998年に株式会社インテリジェンスに新卒入社。その後、1999年に創業期の社員数10人未満のサイバーエージェントに転職。大阪支社を立ち上げ、社長室、事業責任者としてマザーズ上場を含む会社の急成長に貢献。
個人最高賞である社長賞、組織最高賞のCAJJ賞受賞。事業責任者として当時最短での営業利益1億円を突破。5年間の事業経営で最終年度、売上30億円超、営業利益5億円超を達成。

2011年6月には、ソフトバンクアカデミアに外部1期生として参加する中で孫正義会長から声がかかりソフトバンクグループの社長室に入社。(アカデミア 2017年実績 5位/300人中)電力事業であるSB Power株式会社の設立、事業立ち上げに営業責任者として電力小売事業を立ち上げる。
電力完全自由化となり個人向けの日本初の森林寄付型の「自然でんき」を発案から販売まで事業責任者として従事。

2017年10月に株式会社ZENKIGENを創業し、現在に至る。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 決算は、株主、投資家、金融機関など、外部のステイクホルダーに会社の財政状態・経営成績を伝達する役割を…
  2. ブラウザで作れる履歴書・職務経歴書「Yagish」ヤギッシュで人気の(株)Yagishが、企業の採用…
  3. 日本が誇る伝統芸術「盆栽=BONSAI」。インバウンドの復活と共に海外愛好者は増し、その造形美や佇ま…

編集部おすすめ記事

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る