中小企業のDX成功の鍵は、目標実現への“伴走者”と“伴走力”にある(後編)

この記事を読むのにかかる時間: 4

中小企業の課題に取り組みDX(デジタルトランスフォーメーション)導入をサポートするbatton 代表取締役の川人寛徳氏。前編では、人工知能搭載型RPAを開発した経緯や、中小企業に伴走することがDX成功のカギだとお話しくださいました。

後編となる今回は、battonの特徴やDXの具体性について、川人氏と同様に、中小企業の”伴走者”である税理士で、幾つもの事業を立ち上げてきた連続起業家でもあるSAKURA United Solution代表・井上一生氏がインタビューしてくださいます。

battonの特徴

井上一生氏(以下、井上氏)――RPAを扱う会社はたくさんあります。
前回伺った「伴走力」のほかに、battonの特徴はどのようなものがありますか?

川人寛徳氏(以下、川人氏) ――人間が行うコピー&ペーストのような一連の流れをロボットに覚えさせて自動化するのがRPAで、そのプログラムを「レシピ」と呼んでいます。
このレシピをユーザー同士でシェアできるのがbattonの特徴です。

RPAのプログラム”レシピ”をシェアできること

川人氏――ビジネスモデル塾時代に参加者の経営者の方々と話をしていて「自社でもやっているけど、他の会社でもやっていること」があって、それで「同じことをやっているなら、会社を超えて業務をシェアできないか?」と考えたことがありました。
同じ業務をしているなら、同じRPAのレシピを他社でも活用できるはずですよね。
活用できる既存のレシピがあるのに、すべてを1から作り上げるのは非効率で非合理的です。

battonのユーザー同士はレシピをシェアできるので、使用ソフトが違うことによる微調整は必要ではあるものの、1からレシピを作る必要はありません。
その結果、スピーディーにRPAを導入できるようになります。

微調整だけで効率アップ

井上氏――今後、私のいる税務・会計の業界でも、後継者不在などでM&Aが増えていくと思います。
そのとき、それぞれの使用する会計ソフトが違うことがハードルになりますが、battonなら微調整で済むので業務の統合作業もスムーズにいくかもしれませんね。

川人氏―RPAがうまく動かない場合は、弊社側で検証することができます。
他のRPA会社だと1週間かかる改善が、弊社では最短1時間でできることもあります。
これは、レシピをシェアしているからこそ実現できることです。

▶次のページでは、RPAとBPOの組み合わせである「DXソーシング」についての解説と、川人さんが描く未来のビジョンについてお届けします!

1 2

川人寛徳
株式会社batton 代表取締役

投稿者プロフィール
株式会社ベルシステム24を経て2005年に株式会社ワイキューブに入社。ブランディング、マーケティング、採用、教育のコンサルティングを手がけた。後に独立して2011年に名もなき株式会社を設立し、中小企業の販促・教育支援に取り組む。2013年に株式会社キャリティに入社、日本ビジネスモデル協会事務局長として各種セミナーを通じて年間約3000名の経営者にビジネスモデル構築の指導を行う。2016年に同社代表取締役に就任。2019年株式会社batton設立し、これまでの経営ノウハウをシステム化したサービスを展開している。
写真:マイナビ

井上一生
SAKURA United Solution代表

投稿者プロフィール
税理士、行政書士、ロングステイアドバイザー。
当時世界最大の会計事務所・アーサーアンダーセンに勤務後、1988年9月 井上一生税理士事務所を設立(現、税理士法人さくら税務)。
税理士でありながら、幾つもの事業を立ち上げてきた連続起業家。
SAKURA United Solution代表(会計事務所を基盤に、国税出身税理士・税理士・社会保険労務士・行政書士・弁護士・銀行出身者などを組織化した士業・専門家集団)。
SAKURA United Solutionのビジョンである「経営の伴走者 ~日本一の中小企業やスタートアップベンチャーの支援組織になる~」という言葉の基、"100年企業を創る"という壮大な目標をアライアンス戦略で進めている。
1958年10月22日 埼玉県川口市生まれ(イチローと同じ誕生日) 写真:マイナビ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前向きに事業変革に取り組む経営者にとって、資金調達が成功するかどうかは、時に企業の先行きを決定してし…
  2. DigitalTransfomation
    コロナ禍で日本の商習慣が変化し、クラウドサービスを導入する企業が増えています。前回の「アフターコロナ…
  3. Z-EN読者のなかでも、フランチャイズ本部を運営してみたいと思われる経営者の方は多いかと思います。今…

編集部おすすめ記事

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る