【書評】衝突や対立を避けない先にある議論を成長の糧に

この記事を読むのにかかる時間: 5

会社で、家庭で、グループで、物事を進めようという時に考え方が違い、関わる人達の意見集約に苦労する場面は誰しも経験があると思います。
そんな時、意見を戦わせるか、沈黙を守るか。向き合う相手により対応は変わるでしょうが、まずは「衝突や対立を避けない」という心構えについて考えてみてはいかがでしょう。
ノンフィクション作家で、コンサルタントとして優良企業のブランディングなどにも携わるイアン・レズリーは、著書「CONFLICTED(コンフリクテッド) 衝突を成果に変える方法」で、「衝突/対立に向き合い、解消することで大きく前進できる」と指摘します。

議論の意義を再認識させてくれる本書をナビゲートしてくださるのは、企業支援のエキスパートとしてご活躍の書評ブロガー、徳本昌大氏です。

CONFLICTED(コンフリクテッド)衝突を成果に変える方法
イアン・レズリー(光文社)

本書の要約

対立は悪いものではありません。意見が異なる人とのコミュニケーションを避けることは良くないことなのです。
衝突や対立に対するマインドセットを変え、自分を成長させるトリガーにしましょう。
著者が明らかにした10の原理を活用することによって、「衝突/対立」状態を解消し、そこから大きく前進できるようになります。

衝突と対立は避けるべきではない

誤解のないように言えば、建設的に意見を戦わせることは至難の業である。人間の進化の過程で身につくものではないし、普段から訓練を受けているわけでもない。実際、そういうことはとても苦手という人がほとんどだろう。だが、現状は変えていかなければならない。さもなければ、ますます激しくなる意見の対立は、光の見えない熱を生み出すか、あるいはそもそも議論を拒否してしまい何も生まれなくなってしまうかのどちらかだ。何よりも悪いのは、険悪な議論を交わすことではない。議論自体がまったく交わされないことなのだ。

人生や社会において不可避な「衝突/対立」が起こることは多々あります。
ノンフィクション作家のイアン・レズリーは、その解決策を見つけるために、歴史や哲学を紐解き、本格的な調査を行い、本書にその対処法をまとめました。

意見対立で生まれる嫌悪感

人間が純粋に合理的な生き物なら、反対意見にしっかりと耳を傾け、じっくりと考えたうえで回答を述べるはずです。
しかし、実際には、人は意見の対立が起こると脳内物質に化学反応が生じ、目の前の問題に集中できなくなります。

この電気信号のような神経伝達物質の放出は意見の対立によるものであり、自分への攻撃だと警告して自分を守ることに意識が向かい、相手の意見に心を開けなくなってしまうのです。
このような意見の対立への嫌悪感は、進化の歴史のなかで培われたものです。

対立する相手は「危険人物」

人は意見が対立した時、身の危険を感じた時に活性化するのと同じ領域が反応することがわかりました。
対立が比較的穏やかなものであっても、対話相手はこちらに危害を加える危険人物だと認識してしまうのです。

私たちは異なる意見の人に出会うとカッとなり、相手を非難するか、あるいは対立を避け、言いたいことを伝えるのをやめてしまいます。

自分の意見に近い人には共感

自由に意見を言えるネット空間では、お互いを罵倒することが当たり前になり、人々の対立を煽っています。
ネットの掲示板やSNS上では自分にとって好ましい意見の人とのコミュニケーションだけが行われるようになり、異なる意見や他の視点からものを考えられなくなっています。

これは、閉鎖的空間で自分に近い考えの人たちの投稿を見ることだけを繰り返す結果、その意見が世論そのものだといった錯覚に陥ってしまうエコーチェンバー現象。
衝突と対立を避けることで、自分の世界を狭めているのです。

異なる意見をトリガーにして成長を

対立は悪いものではありません。意見が異なる人とのコミュニケーションを避けることは良くないことなのです。
衝突や対立に対するマインドセットを変え、自分を成長させるトリガーにしましょう。

対立を避けず、声を上げる

組織ではそれぞれが緊張感を持つべきであり、従業員は自分の優先事項を黙々と追求するのではなく、グループ内の緊張についてオープンに話し合うべきである。意見の対立を暗に禁じる文化のもとでは、組織はつまらない社内抗争や判断ミス、権力の乱用に陥りやすくなる。会議の席で何か、あるいはだれかが間違っていると思ったら、参加者は発言していいかどうかを気にするだけでなく、自分が声を上げなくてはと思わなければならない。

対立を避けることによって人は、不快にならないという利益を得られますが、成長という長期的な利益を失います。

議論を楽しむ

私たちは、敵意のない対立を表す適切な言葉を持ち合わせていない。人々を新しい発見や賢明な判断、斬新なアイデアに導いてくれる言葉が存在しないのだ。「ディベート(debate)」は勝ち負けをともなう競争を意味する。「論争(argument)」ではとげとげしさを帯びてしまうし、「対話(dialogue)」では穏やかすぎる。「弁証(dialectic)」はあまりに抽象的だ。この言語的な空白は、私たちが建設的な対立を実践していないことを示している。

無意味な対立は意味がありませんが、自分や企業を成長させる健全な対立を避けるのはやめましょう。
対立するのではなく、刺激や楽しさが感じられるような議論を楽しむのです。

夫婦も組織も健全な衝突を

夫婦も組織も健全な衝突によって、関係をよくできるのです。
オークランド大学の心理学の教授のニコラ・オーバーオールの研究によると、オープンに議論をした夫婦の結婚生活の満足度が高いことがわかりました。
彼らは衝突することで、相手の考えを知り、幸福度を高めていたのです。

声、表情、仕草を意識

衝突した人の反応を見ることで、その人が協力的か、信頼できるか、何を大切にしているかなどがよくわかります。(ニコラ・オーバーオール)

相手の言葉だけでなく、声の高さ、表情、仕草などを意識し、相手のメッセージをできるだけ正確に理解するようにします。

衝突を関係強化剤に


家庭だけでなく、職場での衝突もプラスに作用することが明らかになっています。
縄張り争いが起こる前に、衝突の原因を洗い出し、先手先手で解決策を考えることで、サウスウエスト航空はより良いチームを作り、顧客体験をアップしています。
結果、46年連続で黒字を達成しています。

タスクの衝突と人間関係の衝突を区別し、ビジネスを改善する努力を重ねましょう。
物事を別の視点から検討し、自分が達成しようとしているものを熟考することで、新たなアイデアが生まれます。

「10の原則」に沿って生産的な議論を

著者は「生産的な議論を行うための10の原則」を明らかにしています。
①つながりを築く
②感情の綱引きから手を離す
③相手の”顔”を立てる
④自分の”変わっている”ところに気づく
⑤好奇心を持つ
⑥間違いを利用する
⑦台本なんていらない
⑧制約を共有する
⑨怒るときはわざと
⑩本音で語る

集団で考え、生き残ったホモサピエンス

信頼を築き、相手の文化を理解し、対立相手が満足するように議論を進めましょう。
自分が間違えた場合には、すぐに丁寧な謝罪を行うべきです。
相手が予測できない意外な意見を述べることで、よいアイデアが生まれることがあります。
誠実な人間関係によって、相手の話に傾聴し、好奇心を持つことがとても大切なことなのです。
ホモサピエンスは集団で考えることで生き残ってきたのだという著者のメッセージが響きました。
引用されたエピソードからも多くの学びが得られる良書です。

徳本氏の著書「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)

出典:起業家・経営者のためのビジネス書評ブログ!「CONFLICTED(コンフリクテッド) 衝突を成果に変える方法(イアン・レズリー)の書評」
この記事は著者に一部加筆修正の了承を得た上で掲載しております。

徳本昌大
Ewilジャパン取締役COO
ビズライト・テクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
情報経営イノベーション専門職大学【iU】客員教授

投稿者プロフィール
複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。 特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。

現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動するなか、多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施中。

ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。
マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前向きに事業変革に取り組む経営者にとって、資金調達が成功するかどうかは、時に企業の先行きを決定してし…
  2. DigitalTransfomation
    コロナ禍で日本の商習慣が変化し、クラウドサービスを導入する企業が増えています。前回の「アフターコロナ…
  3. Z-EN読者のなかでも、フランチャイズ本部を運営してみたいと思われる経営者の方は多いかと思います。今…

編集部おすすめ記事

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る