“地域おこしと人を繋げる芸術祭”に尽力

国内外のアート・美術を生活空間の中に的確に活かし、全国の各地域との交感を大切にした活動を続ける(株)アートフロントギャラリー。2000年からスタートした3年に1度の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリナンナーレ」は新潟越後妻有の里山の大自然すべてを美術館に見立て、地元の人々と協働して創り上げたアートと地域の調和空間が国際的に話題となり2018年には55万人の来場者を動員。経済上昇、移住促進など様々な効果を生んでいます。
全国にも派生した取組に内側から関わり、アートによる地域おこしの先進事例を作った、アートフロントギャラリーの関口正洋さんにアートと地域活性についてお話を伺いました。

関口正洋 氏 (Z-EN編集部撮影)

金融マンから地域との橋渡し“オーガナイザー”へ

-関口さんは、東大医学部からを経て、美術全般に関わるアートフロントギャラリーにご入社されていらっしゃるのですね。異色のご経歴のように思いますが、アートの分野に関わることになったきっかけを教えてください。

実は、それまでアートにはほとんど触れていないんです。高校時代、美術は選択科目で、僕は音楽をとってました。美術って手間がかかるし。その後、理系の大学、新卒で入ったのが金融だったので。金融会社で札幌支店に勤務していた1999年の初め頃、中・高校からの同級生で腐れ縁だった友人2人、そのうちのひとりがアートディレクターの北川フラム氏(現、アートフロントギャラリー会長)の親戚で、新潟県の地域活性化のための計画「里創プラン」をもとに芸術祭を創るからそのプロジェクトに加わらないかと誘いに来たんです。

アートプロジェクトなんて、皆目見当がつかない話で渋っていたんですが、三日三晩粘られまして(笑)もう眠くて眠くて、気づけば誘いに乗っていました(笑)。99年のGWに北川フラム氏に会って、考え方のものさしの違いに面白さを感じ、その年の7月には会社に辞表を出して新潟に移っていました。

-すごいお話!トントン拍子にアート業界に進むことになったのですね。

それが「アート業界」という感じじゃないんですよね。当時、代表的な美術専門雑誌「美術手帖」でも読者って1~2万人くらいだったと思います。アート業界は限られた人たちの世界でした。

北川フラム氏のプロジェクトは、新潟の人里離れた山村、しかもその里山の生活の中でアートを表現するという話でしたから、私がやることのうち5%くらいがアート。残り95%は、プロジェクトに関わる人々と対話し組織を作りまとめるオーガナイザーとしての仕事です。

裏方として応援し人を支えようと決めた20代

「クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」Photo by T.Kuratani 関口氏が何度も鑑賞する中で、突然見え方が変わった作品。多くの人々が製作に関わる芸術祭の作品はどれも思い入れがあるという。」

-最初はどんな形でスタートしたのですか?

最初のミッションは、“スポンサーを探して1億円集めてこい”というものでした。今だったら「そんなの無理!」って分かるんですけど(笑)、当時はまだ20代前半で何も分からない若者でしたから、「やります!」って素直に集めに行くんですが、現金1,000万円と現物わずかしか集められないわけですよ。結局プロジェクトの大半は借金で賄うことになり、正直責任を感じましたね。

仕事の内容は、アートをできる場所を確保するために地域の人たちと交流して、行政に掛け合い、アーティストと調整して、ボランティアをまとめるといったことでした。でも、突然やってきた外部の人間がすぐにうまくやれるわけがない。何もかも自分の思い通りにならないんです。自分の価値観がすべてひっくり返った感じです。それで、ばっくれました(笑)。

1年間自分探しみたいなことをしたんです。結果、自分にはやりたい!と心から思えることがないから、裏方がいいのかな、と。人を応援し支える側の立場になろうと思うことができました。2003年から新潟に移り住んで、それから2015年まで12年もの間、新潟妻有に居住することになります。

地域での暮らしは”恩を返すこと”に気づかせてくれた学びの場

関口氏(Z-EN編集部撮影)

-12年間も地域に根付かれたんですね!地域の方々と協働する上で、並々ならぬご苦労があったかと思います。越後妻有は関口さんにとってどのような存在ですか?

最初に妻有に入るとき、過疎の経済が衰退した村を何とかしてやろうという、言葉は悪いですけれど上から目線で何かできるという思いがありました。

でも、2004年の中越地震という象徴的な出来事を境に、災害の中で人が集まり自然に炊き出しが始まり、お互いを気遣う。そんな人の関わりが、都会にいる時よりよほど豊かだと感じました。自分がこの地域に何かしてあげるのではなく、むしろこの地域から頂いて何を返せるか?という感覚が芽生えましたね。

自然が厳しいこの土地では自然の力にはだれも抗えない。人は無力です。都会では縦のヒエラルキーの関係でも、大きな自然の前ではどのような立場の人も横並びに近い感じになれる。

そして、地域で関わる地元の人、アーティスト、ボランティアの方々にはそれぞれ真理みたいなものがあると思っています。自分にはアートや農業などのバックボーンがないので、地域での存在意義をいつも考えていました。

そういった意味で、この場所は学びの場だという感覚がありますね。

芸術祭による地域おこしの始まり

-越後妻有トリエンナーレの作品数は1,130作品もあるそうですね。アーティストの方々はどうやって集めるのですか?

北川フラムさんが中心になって国内外の著名アーティストを口説き承諾を得たことで、多くのアーティストを集めることができました。海外でも都市部の街単位でアートを作る試みはあっても、地域という広範囲でここまで深く地域の生活と関わってアート空間がつくられ、しかも長期間に渡って開催する事例は他にないと思います。

里山がもつテーマ、(地域の衰退だったり、グローバリゼーションだったり)、に共感してくれたり、単純に面白みを感じてくれたり、若手にとっては当時アート発表の場が今ほどなかったことから挑戦心を感じてくれたのでしょう。アーティストにとっても、旅する感覚で自分を発見できる自己変革の場にもなっていたと思っています。

“越後妻有トリエンナーレ”に共感する人々との連帯

-芸術祭により、地域の方々の意識はどのように変わっていきましたか?

人里離れた場所で、時代に取り残された感覚を持っている人もいますが、変わっていく方は沢山います。アーティストは土地に敬意を払う人が多く勉強熱心。基本的には地域の人たちの協力なくしては成し遂げられないことばかりですから、地域の人も「手伝ってやるよ!」と優位になれるんですよ。自分の得意なことが生かせる。そして、外から来たお客さんが土地の人間より地域のことを知っていたりするので、焦って自分の土地やアートについて勉強する。そんな様々な媒介があって少しずつ開かれていくのを感じます。人によって捉え方はそれぞれですが、取組に乗ってみようとする人たちから面白さや楽しさが伝染して人の輪が広がっていきました。

茅葺き民家を「やきもの」で再生した、レストラン・宿泊施設としてもアート作品としても人気のある「うぶすなの家」。地域の人々が地域の食材を使った料理でもてなします。
出典:https://www.echigo-tsumari.jp/travelinformation/s_ubusunahouse/

芸術祭20年の歩み

-2000年の初開催から20年経ちますが、地域の人々との関わりに変化はありますか?

長年の関わりの中で、関わりのなかった集落が参加してくれたり、家を貸してくれたり、現在進行形で広がりを感じます。でも、20年経って、開始当時の中心メンバーが高齢化する中で変化も出てきた。文化の伝承についていえば、土地に住んでいるから伝承されるというわけでもないんです。

例えば、十日町の美しい棚田が人手不足で放棄されたことに、地元の人はあまり想いを寄せなくても、逆に外部の人が心を痛め後世に伝えていこうとする場面もある。そうすると、住民という定義はなんだろうと思ったりします。今はオンラインで、東京にいながらも、地域にいるのと近い感覚で想いを共有できますから、関わり方も次のステージを考えないといけないなと思っています。

“奥能登国際芸術祭”での取り組み

-関口さんは、今は奥能登2021年開催を目指して活動されていますね。奥能登と越後妻有、文化的にもだいぶ異なりそうですが、地域とのかかわり方はやはり違いますか?

はい。2021年の開催で2回目となります。越後妻有とは全然違いますね(笑) 奥能登は海が目の前ですから、地域の人々は海の向こう側への意識を持っていて、未知への好奇心が強い気がします。アートや芸術祭の受け入れも早い気がしますが、まだ分からないですね。地域によって人の想いは様々ですから。どこの事例が当てはまるというものではないと思っています。

地域に眠る可能性を引き出す芸術祭

-来年は全国4か所で芸術祭が開催されますね。地域に果たす役割ってなんだと思われますか?

地域のポテンシャルや人々が自分で閉じ込めている内なるものをどこまで引き出すか、と思いますね。アーティストとの関わりの中で、自分の中に持っている制約や常識を取り外してもらうきっかけや発見になっているといいなと思います。

-最近、アートビジネスが話題ですね。アートをビジネスの場に活かそうとするアート思考に関する本がベストセラーになったり、個人的にアートを所有しようという人が増えたり、作品の分割購入権を持てるプラットフォームも話題です。アートがより身近になったことをどう思われますか?

今までアートは、よく分からない狭い世界としてなかばシャットアウトされていましたが、沢山の人が関心をもってくれたことで、開かれていくいい傾向だと思います。アートには多様な考え方があるので、100円アートでも芸術祭でも美術館でもふれることで、未知のものに寛容になれる姿勢は大切です。

ただ、アートをビジネスに直結させても、問題解決の手段として即効性はないので、すぐにはうまくいかないでしょう。問題解決の方向性や閉塞感を破る勇気を与えてくれる作家や作品との出会いがあるかも、というところでしょうか。共犯者みたいな。結局、それぞれ自分の中にあるもので課題を解決していくのだと思います。

アートも曖昧で、学問の世界のようには分類されにくいですし、何がアートなのか言えないということもアートなんだろうと思います。アートの多様性は、自分の中の言葉にならないもののアウトプットが源泉なのかもしれないし、お祭りだって落書きだって日常にあるものをアートとして捉えれば、そんな敷居の高いものではなく誰でも親しめるものですね。「アート思考」というといきなり身構えちゃいますけど、伸びやかさを大切にして、まずは、沢山のアートに触れて五感で感じてみてはいかがでしょう。

アートという多様なものさしで人生を豊かに

アートフロントギャラリー ここでは絵画を購入することも可能 (Z-EN編集部撮影)

-アートを購入したい経営者の方に、どのような目線でアートを手元に置いたらよいのかアドバイスをお願いします。

私は、コレクターが増えるのは賛成です。コレクションすることは支援するということで、 未知のものを応援しないと時代の流れが止まってしまいます。

自分と通じ合えるものはこの世界にそんなに多くないと思っています。アートを見ていてある部分、すごく分かる!気になる!という感覚を信じて手元に置いてはどうでしょうか。アートでもなんでも、そういった”自分のものさしになりうるもの”があることは人生を豊かにすると感じています。

関口正洋
株式会社アートフロントギャラリー

投稿者プロフィール
1974年神奈川県生まれ。
東京大学医学部卒業。金融会社勤務を経て、1999年にアートフロントギャラリー入社、大地の芸術祭参画。
2003年から越後妻有のマネージャーとして文化施設の企画および運営に携わり、文化・芸術を活かした地域づくり組織NPO法人越後妻有里山協働機構を立ち上げる。
2013年から奥能登国際芸術祭プロジェクトマネージャー。青山学院大学客員准教授。

関連記事

編集部おすすめ記事

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る