システム開発でピアノ業界を変革する(中編)

この記事を読むのにかかる時間: 5

ピアノ学習者が参加するコンクールの開催やピアノ指導者の育成に尽力する「ピティナ」をご存知の方は多いと思います。そのピティナ運営とともに音楽教育関連事業を広く行う株式会社東音企画(以下、東音企画)代表の福田成康さん。

前回のインタビュー「ピアノ業界を牽引する老舗企業の2代目は、絶えず変革を試みる」では、先代がピアノ業界を引っ張ってこられた創業時からの軌跡と、承継された福田さんのご経歴などを伺いました。

2回目となる今回は、戦略的な経営手法とITとの関連についてインタビューさせていただいています。

コンクールに焦点を当てた施策で業績を伸長

Z-EN――福田さんが東音企画に入って事務代行を始めてから、会員数もコンクールへの参加者数も右肩上がりに増えていらっしゃいますね。どのような働きかけがあったのでしょうか?

福田成康氏(以下、福田氏)――1990年4月には東音企画が(一社)日本ピアノ指導者協会(以下、ピティナ)の事務代行に着手できるように、1989年の秋からずっとコンピュータの仕様を組んでいました。
その最初の年に1600万円の赤字が出てヒヤッとする経験もしましたが、同時期に素晴らしいスタッフとの貴重な出会いもあり、意欲は高まっていました。

まだ、ピティナのことを把握できていない頃で、まずは現状の売上比率の一番高いところから取り組もうと考えました。
コンクール事業だとわかってからは、これを伸ばすための施策を考えていくことにしたのです。

コンクール要綱を楽器店経由で売ることや、指導者へのダイレクトメール送付などの7つの施策がすべてヒットし、その直後の91年~92年にかけて売り上げがぐっと伸びた形です。

先駆的なIT導入によるデータ蓄積

――コンピュータの導入がとても早い!学生時代からの先見の明ですね。

福田氏――世間的には早いですね。
営業兼システムエンジニアとして基本設計を任せられる非常に優秀な人物に入ってもらい、コンクールの参加申込みや、会員管理システムを作りこんでいきました。
データはそのまま残り、今でも使っています。

――89年からのデータの蓄積があるということですか。素晴らしいビックデータですね!

福田氏――面白いのは、当時のコンクール参加者が今は指導者になっているということです。

どの門下だとどのくらいの比率で指導者になるか、といったことがデータの分析からわかりますから、当初のコンクール開催の目的であった、生徒のコンクールを通じて指導者の指導力を上げることが可能なわけです。

32年間分のデータですから、現在の日本でも顧客情報を扱う分野でトップクラスに入ると思います。

2002年開設の音が出るピアノ曲事典:ピティナHPより

▶次のページでは、ピティナの軌跡、デジタルなクラッシックへの啓蒙活動についてお届けします!

1 2

福田成康
株式会社東音企画 代表取締役社長
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 専務理事
公益財団法人福田靖子賞基金 理事長

投稿者プロフィール
1964年生まれ。筑波大学生物学類卒業、栗田工業(株)で3年間勤務し、1989年4月から株式会社東音企画入社、1990年4月に同社代表取締役社長就任。
1991年4月より社団法人全日本ピアノ指導者協会の事務責任者として経営に関わり、現在は専務理事(団体代表)。
1996年、日経BP社より情報システム大賞の準グランプリ受賞。2001年、第3回「フジタ未来経営賞」を受賞。2002年、財団法人商工総合研究所 中小企業懸賞論文 準賞受賞。2011年 文部科学省 社会教育功労者表彰受賞。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前向きに事業変革に取り組む経営者にとって、資金調達が成功するかどうかは、時に企業の先行きを決定してし…
  2. DigitalTransfomation
    コロナ禍で日本の商習慣が変化し、クラウドサービスを導入する企業が増えています。前回の「アフターコロナ…
  3. Z-EN読者のなかでも、フランチャイズ本部を運営してみたいと思われる経営者の方は多いかと思います。今…

編集部おすすめ記事

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る