事業投資に注目!人生を豊かにし自らを成長させる事業投資のススメ

この記事を読むのにかかる時間: 5

「事業変革なくしては企業存続なし」がテーマの本メディアZ-EN。著しい外部環境、内部環境の変化により、多くの中小企業は事業の見直しや再構築を迫られています。この現状で企業がより有効に事業変革を進めるために、Z-ENが提案したいのが「事業投資」。投資というと株や投資信託といった金融資産を思い浮かべる方が多いでしょうが、事業に投資する「事業投資」とはいったいどのようなものなのでしょう?
Z-EN編集部が「事業投資」のいろはを、13回シリーズでご案内します。「事業投資」に詳しくなること請け合いですので、まずは全シリーズの概要をご覧ください。

実は誰もがやっている事業投資

事業投資と金融・不動産資産(株・債権)への投資との違いは何でしょう?
その違いを明らかにし、事業投資とはいったいどんな投資なのかをわかりやすく解説しています。
金融・不動産投資と、何が違うのか?

投資型クラウドファンディング

クラウドファンディングは、投資家に限らず一般の方も参加されるようになっていますが、その多くは「購入型」です。
では、事業投資となる「株式投資型」クラウドファンディングとはどのようなものでしょう?
プラットフォーマーにより選別されたさまざまな業種業態の会社に自らの目利きで投資できるこの仕組みを、詳しく説明していきます。
「株式投資型」クラウドファンディングから得られるもの

フランチャイズ投資の要諦

本部の事業に対して、加盟店が加盟金やロイヤリティを支払うことで、本部の持つノウハウや商品の販売権、ブランドなどを利用することのできるシステムであるフランチャイズ投資も事業投資の一部です。
ある程度出来上がった事業に投資できることで、一般的な起業に比べ失敗リスクが低いことも魅力でしょう。
フランチャイズ投資の要諦をご紹介します。
フランチャイズ投資の要諦

不動産投資と、事業投資の領域がボーダーレス化

不動産オーナーが、M&A投資家となるケースが増えてきました。
単にマンション一棟買って管理会社に丸投げするスタイルから、ワケあり不動産を購入してテナントを埋めたり、リノベーションしてコンセプトを変えたりするなど、事業投資のノウハウを持つことが必要になってきています。
その最前線に切り込みます。
「事業投資」と「不動産投資」の領域が近づいてきている理由

ベンチャー企業への投資ポイント

投資はお金だけではありません。
創業間もないベンチャーに不足しがちな知識や経験を補う形で経営参画するという投資スタイルもあります。
当たれば大きいリターンが見込めるベンチャー企業投資。
駄馬となるか、ユニコーンとなるか。
その熾烈な世界についてお話しします。
誰もがエンジェル投資家になれる!開かれた投資の時代

ストックビジネスへの投資

自ら事業を立ち上げている方であれば、毎月定期的に収入が見込めるストックビジネスのありがたさは身に染みているでしょう。
ストックビジネスの事例をパターン別に分類し、メリットデメリットを分析します。
構築方法と注意点を解説しますので、ストックビジネスの始め方がわかります。
中小企業に最適!ストックビジネスの始め方

事業投資を成功に導く思考と行動パターン

大きなリターンを期待できる事業投資には、リスクや損失も伴います。
投資のノウハウが確立されているとは言い難い現状で成功を収めている方々は、どんな考え方と理論に基づき行動しているのか。
リスクを恐れず事業展開に果敢に挑戦するうえでの重要ポイントを明らかにします。
⑦ 事業投資を成功させる人の思考・行動パターンとは

2022年はスタートアップ元年になるのか?

スタートアップ庁の創設が現実味を帯び、政府は起業・スタートアップ支援に本腰を入れると明言しています。
世界に後れをとる日本が、2027年までに「スタートアップとユニコーン企業数を10倍にする」ことを目指すものです。
スモールM&A市場が急速に拡大するなか、起業成功のためにも事業投資ノウハウが不可欠であることを詳しくお伝えします。
⑧ 2022年はスタートアップ元年!?事業投資スキルが成功率を上げる!

下記の記事は今後、順次公開いたします。お楽しみに!

〈9回目〉事業投資における多角化戦略

コロナ禍により、経済環境が変わる中で「多角化」が注目されています。
事業ポートフォリオの分散投資ともいえます。
多角化のポイント、成功失敗事例などから成功法則を導き出します。

〈10回目〉ファイナンス(資金調達)を制する者が、事業投資を制覇する!

資金調達には、銀行融資から私募債、クラウドファンディング、増資などさまざまな方法があります。
また、あまり知られていない補助金、助成金も存在します。
事業投資家が知るべきファイナンス全般について説明します。ぜひ活用してください!

〈11回目〉事業投資に潜むリスクと回避方法

もちろん事業にリスクはつきものですが、事前に事業投資の失敗パターンや、事業投資固有のリスクを理解しているかどうかで、心構えもずいぶんと変わることでしょう。
いざというときに機を逃すことなく対処できるよう、リスクをしっかりと理解しましょう。

〈12回目〉事業投資の準備、必要スキル

事業投資を実際にしようとするとき、いったい何から始めればいいのでしょう?
準備段階に身につけておくべきスキル、情報取得ルート等について説明します。

〈13回目〉事業投資は、生きる上での必要スキル

世の中の変化がとても速くなってきています。
同時に、ビジネスやライフスタイルにも変化が求められてきています。
事業を通して世の中をみることで、変化を肌で感じることが可能です。
そして、ビジネスパーソンは、自らコントロールできる事業を最低ひとつは持って、経済的な自由を手に入れるべきと考えます。

シリーズ「事業投資とは?」の公開記事はこちらから↓
金融・不動産投資と、何が違うのか?
「株式投資型」クラウドファンディングから得られるもの
フランチャイズ投資の要諦
「事業投資」と「不動産投資」の領域が近づいてきている理由
事業投資とは?⑤ 誰もがエンジェル投資家になれる!開かれた投資の時代
中小企業に最適!ストックビジネスの始め方
事業投資を成功させる人の思考・行動パターンとは
⑧ 2022年はスタートアップ元年!?事業投資スキルが成功率を上げる!

齋藤 由紀夫
株式会社つながりバンク 代表

投稿者プロフィール
株式会社つながりバンク 代表。
オリックス㈱に16年在籍後、2012年に独立。
スモールМ&Aの普及活動を中心に、事業再生・リノベーション等に注力。自らМ&A・事業投資も行い、数件エグジット済。
経営革新等支援機関(中小企業庁主管、認定支援機関)、事業引継ぎ支援センター 専門登録機関、日本経営士協会 経営士、日本外部承継診断協会 顧問。
趣味は焚火、居酒屋巡礼、トレイルランニング。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前向きに事業変革に取り組む経営者にとって、資金調達が成功するかどうかは、時に企業の先行きを決定してし…
  2. DigitalTransfomation
    コロナ禍で日本の商習慣が変化し、クラウドサービスを導入する企業が増えています。前回の「アフターコロナ…
  3. Z-EN読者のなかでも、フランチャイズ本部を運営してみたいと思われる経営者の方は多いかと思います。今…

編集部おすすめ記事

年別アーカイブ

ページ上部へ戻る